« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

また、来年。

紅白歌合戦で、「蛍の光」が流れています。
今年も一年、ありがとうございました。
ほそぼそ更新のこのブログを見てくださった方に感謝です。
また、来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

※リラックマのブログツールを貼ってみました。
ほとんどの機能は有料ですけど、無料版でもかわいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

国家を見る目

 前の記事で記載させて頂きました署名については、

「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名
 重複などをのぞいた署名総数は18084人でした。本日午後、参院特別委に提出しました。大勢の皆さんのご賛同、ご協力、本当にありがとうございました。
教育基本法「改正」情報センター
(注:本日は、13日のことです。)

という結果でした。ありがとうございました。
 12日の深夜2時、3時台に、大学生・大学院生はもとより、兄弟と思われる高校生や、中学生、小学生まで署名しているのを見て、こんな時間まで何をしているのだろうと心配になったり、そんな時間に署名をしている気持ちがいろいろに推し量られて胸にこたえたりしました。他には、教育関係者の方が多かったのは予想通りでしたが、無職の方、年金生活者の方、アーティストなど表現者の方、病院職員の方、会社員の方など、多くの方々が刻々と署名されていました。

 ご存知の通り教育基本法改正法案が昨日、参議院で可決されたことは、本当に残念、無念です。しかし、改正・教育基本法はどう考えても、教育基本法であるとは思えません。

 「や」は夫婦善哉の哉さんの、「海外での報道」で知ったのですが、

海外では“patriot bill”と呼ばれているとの件
BBCの報
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6153314.stm
「や」は夫婦善哉の哉さん/「海外での報道」より引用)

とのことです。まさに、教育基本法は廃止され、「愛国者法」が制定されたのだとしか思えません。こんな手順での法改正はとても認め難く、改正前の教育基本法をなんとか取り戻したいものです。

 政府及び与党は、やらせのタウンミーティングで世論誘導をするという不正な手法を用い、また最後まで、なぜ改正が必要なのかということすら明らかにせず(できず?)、十分な審議を尽くさないまま、国民への説明も不十分なまま、教育内容に国家が介入するという違憲の法改正を成立させたわけです。

 防衛庁を「省」とし、自衛隊の海外派遣を本来任務へと格上げする省昇格関連法も参議院で可決、成立。
 加えて、共謀罪は継続審議と、憲法改正へそして戦争が出来る国家へとの歩みが着々と進められています。
 もしかしたら、日本国内の日本人こそが、この動きを客観的に感じられないのかもしれません。いろいろな意味で危機が高まることが予想されるこれから、国際感覚もますます必要になりそうです。(ちなみに、防衛庁が省に昇格したことを伝えるBBCの記事は、→「Japan upgrades defence's status」)

 政財界が手に手を取って、戦争への道を開こうとするのは、お金が儲かるからにほかならないでしょう。国民、市民が国家に任せていれば大丈夫、と思っていられた時代は終わったのだと感じます。権力への監視の目が必要です。主権在民を国が保障しないなら、国民自身が守らなくてはなりません。国家が国民の教育に介入し内心にまで立ち入り、思想・信条の自由を侵すなどあってはならないことです。国民は国家の道具でも、奴隷でもありません。
 そして今、確実に個人にある力は、やはり「選挙権」であると思います。いつも以上に次の選挙での一票が大切な気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/11

署名の呼びかけ

「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名を始めます

西原博史(早稲田大学教授)
廣田照幸(日本大学教授)
藤田英典(国際基督教大学教授)

という電子署名の呼びかけがありました。

続きを読む "署名の呼びかけ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/05

ブログをする人 (12.05)

 ついに(?)、ドリコムRSS(旧・MyBlogList)をやめてしまいました。
 BlogPeopleだけでなく、最近は、ソーシャル・ブックマークとか、様々なRSSリーダーとかもあって、いろいろ試しているうちにBlogListまでやるのは、煩雑だということになってしまったのです。

続きを読む "ブログをする人 (12.05)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »