2005/06/10

フランク・ロイド・ライト

一昨日(6月8日)のGoogleのタイトルは、コレ↓。

frank_lloyd_wright

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright,1867.06.08ー1959.04.09)というアメリカの建築家の作品をあしらったもののようです。6月8日は、彼の誕生日でした。
日本では旧帝国ホテルの設計などで有名な人物です。でも不勉強で、Googleのイラストが何なのか分からなかったので、ググってみました。「フランク・ロイド・ライトの世界/三井ホーム」を見て、右から、カウフマン邸(落水荘)(フランク・ロイド・ライトの世界の写真と解説)とグッゲンハイム美術館(フランク・ロイド・ライトの世界の写真と解説)は分かったのですが、あとはわかりませんでした。(;_;)

フランク・ロイド・ライトについて、
フランク・ロイド・ライトの世界/三井ホーム」
Frank Lloyd Wright/MY FAVORITE ARCHITECTURE
といったサイトで知る事ができます。
自由学園明日館
ヨドコウ迎賓館
などのサイトもありました。


ちなみに、「Frank Lloyd Wright/MY FAVORITE ARCHITECTURE」にサイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel)の歌、"So Long, Frank Lloyd Wright"(フランク・ロイド・ライトに捧げる歌)が出ています。
どうしてポール・サイモンがフランク・ロイド・ライトを取り上げたのかというと、おそらく、アート・ガーファンクルが建築家志望だったことが関係しているのでしょう。
歌詞(注:リンクをクリックすると広告がでます)の一節に

Architects may come and
Architects may go and
Never change your point of view.
When I run dry
I stop awhile and think of you.

いろいろな建築家(設計者・立案者)が現れて、
いろいろな建築家(設計者・立案者)が去っていき、
それでもあなたは決して視点を変えない。
僕が(歌作りや心が?)枯渇したら、
しばらく立ち止まってあなたのことを考えて(思い出して)みるよ。(拙訳(;_;))

という部分があり、解散前の時期にポール・サイモンが、建築家志望だったアート・ガーファンクルをフランク・ロイド・ライトに重ねあわせて思い、作った曲なのかな?と思ったりしました。
ともあれ歌になるというのは、フランク・ロイド・ライトがアメリカに浸透している事のあらわれなのでしょう。


旧帝国ホテルも見たことが無いので写真を探してみました。
帝国ホテルthe WRIGHTIANA No.1,741(/フランク・ロイド・ライトの世界)
帝国ホテル中央玄関(/歴史的建造物/博物館明治村
まぼろし博物館(/FUSION29号
が参考になりました。
建築系検索エンジンというのもあるのを知りました。
更に詳しく、という方はどうぞ。→ KenKen! フランク・ロイド・ライト


以前、神戸市ポートアイランドのUCCコーヒー博物館を見学した事があるのですが、エスカレーター(エレベーターもあったと思うのですが)で最上部まで行って、らせん状のゆるいスロープになった廊下を降りながら展示をみて歩くというユニークで素敵な博物館でした。もしかしたら、グッゲンハイム美術館の影響があるのかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

Bloglines使ってみた

便利なRSSリーダーを探していたのですが、Bloglinesが日本語に対応したということなので、使い始めてみました。
Web型(ブラウザ上で見られる)というのもいいし、RSSを取り込むのもブックマークレットで簡単です。まだ使い方がよくわからないし、ヘンな日本語だったりするしで、最初はちょっと戸惑いましたが、なかなか良いと思います。
クリッピングという、気になる記事をスクラップするようにとっておけるというのも、なんか面白いです。[:ホットコーヒー:]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/09

イラク自衛隊派遣一年延長

イラクへの自衛隊派遣を一年延長することが、閣議決定されました。
 政府は9日午後、首相官邸で臨時閣議を開き、イラク復興支援特別措置法に基づく自衛隊活動の基本計画変更を決定した。派遣期間を1年延長する一方、撤退などを念頭に治安や復興状況など4条件を政府が見極め対応するよう明記した。
「イラク自衛隊派遣1年延長 閣議決定」(共同通信/Yahoo!ニュ−ス)より引用
なお、イラク基本計画変更の要旨は、以下参照。
「情勢次第で撤退に含み イラク派遣、政府きょう延長決定」(産経新聞/Yahoo!ニュ−ス

また、閣議決定後の、小泉総理大臣記者会見の内容・全文は、以下。
「小泉内閣総理大臣記者会見[イラク人道復興支援特措法に基づく対応措置に関する基本計画について]」首相官邸

民主党のサイトでは、現時点では、この決定を受けての記事はない。12.3付けの「説明責任を果たさない政治にはっきりNOを 岡田代表らが街頭演説」という記事があり、小泉首相が説明責任を果たさない姿勢を批判。

社民党のサイトには、「自衛隊のイラク派遣1年延長を糾弾する(声明)」が出されている。

自衛隊のイラクでの活動について、自衛隊の報告は、以下のサイトにあります。
イラク復興支援派遣輸送航空隊
陸上自衛隊 イラク復興支援群

ところで、こういう話題も。

○「イラク支援についての政府による折り込み紙が全国に」(JANJAN NPO型インタ−ネット新聞

○「シリン・エバディさん:教育資金が自衛隊派遣費に−−都内で会見、イラク駐留批判」(MSN-Mainichi INTERACTIVE

○「護憲・反戦集会に野中氏 「情報統制、戦前と似ている」」(asahi.com

○「サマワに行けば人間性直る 犯罪凶悪化で自民・武部氏」(共同通信/Yahoo!ニュ−ス
○「イラク考評:自衛隊派遣延長 米国は深刻な状況だ−−カート・キャンベル氏に聞く」(MSN-Mainichi INTERACTIVE)より引用

◇カート・キャンベル氏(元米国防副次官補)

 日本がイラクに自衛隊を派遣したのは、根本的には日米同盟関係のためだ。米国はもちろん日本のイラク復興支援を深く感謝している。

 日本国内の派遣反対論は私が予想したより少なかった。興味深いのは、日本国民が自衛隊派遣という政策変更ではなく、イラクでの米国の任務が世界的に不人気なことや、米国がどうやってイラク情勢を軌道に乗せるかを心配していることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/04

実際にやってみること

先日、「思わず頷いてしまう「いやな法則」」11.30/「GOING MY WAY」さんを読んで、大いに頷いてしまったので、元記事(元リスト?)の「いやな法則」を読んでみました。
「実際にやる」ことで生まれてきたことばには、理屈より前に身体の方が反応して、まさに「頷いてしまう」。

そして、今日は、「作れる、作る、作った」12.02/「いやなblog」さんを拝読しました。この記事のことばにも深く頷いてしまいましたし、紹介されていた寺田寅彦著の「科学者とあたま」(青空文庫)を読み返してみると、忘れていたことばかりで、やはり感銘!

せっかくの素晴らしい文章なので、他の方の目にもとまるように、「教育(総合)TBピ−プル」にトラックバックで、紹介させて頂きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/30

年賀状で「送り仮名」考

年賀状の準備をしています。
とは言っても、自分のは、年末ぎりぎりになるのが恒例で、
今準備しているのは、実家から依頼されたものデス。

簡単にできそうで、いつも何かしらひっかかってしまう...。
今年は送り仮名。
「変わる」か、「変る」か。
「終わる」か、「終る」か。
結論から言うと、どちらでもいいらしいです。

ググったら、三省堂「必携 用字用語辞典、送り仮名の付け方」に、内閣告示がありました。
なお、岩波書店「編集部だより 辞典編集部 広辞苑質問箱」では、とても短く要点がまとめられています。
それにしても、個人の表記は内閣告示によらなくていいとか、学校教育がよりどころとする内閣告示でも、どちらでもよいというのは、どうしてなんでしょう。縛られたくはないけれど、歴史的な必然性なども考えて、自然なのはこうだという方向性くらいあってもいいと思うなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

ゲーム「六本木ヒルズ クライマー」

こういうゲームは、皆さんご存知でしたか?[:ビル:]

「六本木ヒルズ クライマー」

「クレイジークライマー」へのオマ−ジュだそうです。
単純でおもしろいです。
人がビルをひたすら登ります。
登りきって感動したら、単なるstage1クリアーですか。そうですか...うっ。
失敗すると落ちるところが悲しいです。
ヒマな方だけやってね。お勉強や仕事の合間に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/30

奥田民生(OT)のブログ

「09/30-BLOG界の出来事」経由で、奥田民生のブログ「ブログOT」の存在を知りました。「OT」という呼び名を定着させたいそうです。
ソロデビュ−10年を記念して、「OKUDA TAMIO 10th ANNIVERSARY」という特設サイトも開設。「ひとり股旅@広島市民球場」というコンサ−トを10/30に開催だそうです。また、特設サイトでは、「何と言う」のコメント&ビデオクリップと、「95年から99年に発表されたビデオクリップ」が今日09/30まで見られます。
ブログでOTがCarpのボ−ルを持ってるのがなんかうれしい。[:野球:]

※追記:「95年から99年に発表されたビデオクリップ」←コレイイ!急いで見て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/29

台風21号

台風21号、各地で大きな被害が出ているようです。[:雷:][:強風:]
前の台風が強力だっただけに、今回は前のよりはマシなのではと気象情報をさして確認する事もなく思っていました。

とんでもない!!

最近は、気象情報を提供するサイトも多くなりました。
今回、私が見つけた見やすそうなサイトは以下の通り。

ワンクリック気象情報サイト[tenki.jp](日本気象協会)
Weather Information Service(国土環境株式会社)
So-net 天気情報(情報提供元:株式会社ウェザ−ニュ−ズ
気象庁ホ−ムペ−ジ台風情報

気象庁の台風情報のペ−ジで、台風の名前が出ていました。21号は、メアリ−。普通過ぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/28

バナー自動作成で作りました

トラックバックピープルの話題(テーマ)、「教育(総合)」を左のサイドバーに貼っているのですが、バナーがでるようになりました![:グッド:]
tbp00285-0

モダシンさんのトラックバック・ピープルを解説した記事「トラックバック・ピープルの裏話」に、
ちなみに「話題」の作成なんですが、テーマが同じでもバナーが違えば申請許可する方向でやっています。バナーは自分のサイトに貼るものなので、できるだけ自分の好きなタイプのバナーを選べるようにしたいと考えています。
とあって、「アチャ!これは、バナ−重視だゾ。それも楽しそう。・・・で、でも私はバナ−を作った事なんて無いヨ。」と、ちょと困っていたのです。

共通のトラックバックピープルのバナーを使う事もできますが、バナーを登録できる個数が3個と決まっていて「一度アップロードした画像は変更できない」ことになっているので慎重になりました。共通バナーもオーソドックスでシンプルなのでご希望の方があるかもしれません。でも、他のテーマのところのように「教育(総合)」の文字いれた方がわかりやすいとも思うし...。もしかしたら、後日、このテーマが成長したら、バナーを作って下さる方があるかも...(期待!)。その時に数的に登録できない事態を避けるため、やはり「教育(総合)」という文字のはいったバナーをなんとかと考えていたら、便利でありがたいサイトさんを見つけました。

HP作成支援「ロゴ&バナー無料自動作成」のAUTO LOGOさん

おかげで、バナーできました。
他にシンプルな背景(バナー台?)や、写真の背景、文字の種類、いろいろ選んで作れます。ただし、一人で長時間独占しないで欲しいシステムだそうですので、複数作る方はまた次回に利用して欲しいそうです。
達人の方も多いと思いますが、もしもトラックバック・ピ−プルのテーマを立ち上げて、私のようにバナー作りに困っている方がいらっしゃるようでしたら、使ってみてはいかがですか?ロゴやボタンも作れて、サイト・タイトルも作れるようでした。ちなみに他の同様のサ−ビスへのリンク集もありましたよ。

それで一応はできましたが、トラックバック・ピープル「教育(総合)」のバナ−を作って下さるというありがたい方いらっしゃいましたら、ぜひ作って下さい。わかりやすいのがいいと思います。よろしくお願いします。また、バナーもできた事ですし、トラックバック・ピープル「教育(総合)」の活用もよろしくお願いしますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/26

星占いサイト

 皆さん、占いは好きですか。
いろいろと、おもしろい種類の占いが楽しまれているようですね。
本格的星占いというのは、流行遅れ?なんでしょうか?
本格的で、当たる!と思えるサイトを見つけました。

www.astro.com

です。英語サイトですが、@nifty:翻訳などの翻訳サイトでも使ってみて下さい。
自分の生年月日、時間、出生地などを設定すれば、Freeの占いで十分楽しめます。
Children & Young Peopleのコ−ナ−が英語がわかりやすくてお勧めです。

 と言いつつ、告知です。
6月5日頃まで留守にします。
それでなくとも閑散としたblogですが、また帰ってきたら元気に復活します。
その時は、またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧